狂っていた20代~岡山未砂の黒歴史シリーズ①~

30代までの「わたし」を暴露します!

「人一倍、自己価値が低く、『こんな私は消えてしまったほうが世の中のためだ』と本気で思っていた」といっても、以前の私を知らない方には、なかなか信じてもらえず、どうしたものか…と思っています(笑)

でもいまのわたしがあるのは、Noh Jesuさんと、nTechとの出会いの賜物以外の何ものでもないんですね。
nTechという認識技術を身につけなかったなら、間違いなく生きる屍(しかばね)だったでしょうし、出会っていなかったら…と思うとゾッとします💦

こんな過去のわたしの過去の姿をオープンすれば、「わたしのことかも…!」とオーバーラップする方も多いはず。
あれだけどん底だったわたしが、見事に脱出できたのなら、誰でも簡単にクリアができると言い切れます♡

ということで、過去の黒歴史シリーズ、始めます。
今回は第1弾です。お楽しみに♪

合わせて、合わせて…ついに、自分を完全に見失う

学生時代は、友だちもごく少数、人に合わせず一匹狼だった私

だけどさすがに社会人ともなればこの協調性の無さは通用しない…と悩み、考えて出した答えは

「そうだ!女優になろう!」

ちなみに本物の女優さんじゃなく、「やったことないチャンネルを使って新しい自分になる」の意味♡

そんなわたしの就職先が「関西」だったのが功を奏しました!
というのも、「過去の私を知る人がいない」新しい土地だったので、女優になるには、絶好のチャンスだったのです。

それでどうしたのか…というと、

それまでは俗世にまったく興味がなく、流行りにも疑問を呈していたのに、テレビ雑誌を買ってトレンディドラマのあらすじチェックし、流行りの歌を覚えてカラオケでのれるようにし(^^♪、ブランド名やロゴマークを覚え最先端ファッションを心がける!

そして、関西弁を練習してボケツッコミも反応できるように!
いじられてなんぼ(≧∀≦)さらに救急車で運ばれて以来、一切飲めなくなったお酒も練習開始!
で、あっちにも、こっちにもノリよく対応してつくり笑顔(^^)
そんなこんなで、知り合いも増え交友関係も広がって人生一変(^^♪

「けっこういけるやん!!」って内心、ほくそ笑んでいたのも束の間、たいへんなことが起こるのです

何って・・・

「自分がわからない!!!」

流行りモノを追いかけて
建前して合わせすぎて
八方美人やりすぎるうちに

いつしか、「自分はどうしたい?」が全くわからなくなってた・・

だから、人の反応や顔色が異常に気になってタイヘン( ;o;)
2人ならまだいいけど、3人以上集まったら完全アウト(><)

だって、どっちに合わせたらいいのかわからないんだもん
たとえば、カフェでケーキ一つ選ぶのも、ほかの2人が選んでから(笑)

で、どうなっていったのかというと、お察しの通り疲れ切りました。。。

そんな私は、家に帰れば電気もつけず居留守して、電話もでないで引きこもり
でも「サミシイ子」とは思われたくないから、それなりに充実してる風を装い、予定入れるのは頑張る(^◇^;)
でも、外に出れば疲れるし…の繰り返しで壊れましたね…。

今日はここまで。続編をお楽しみに♪

昔の写真シリーズ。
今回は、バブルの名残を思わせるウェーブヘア
当時は「ソバージュ」という呼ばれていました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる