悪魔のささやきにもう負けない!リバウンドしないモチベーションの上げ方を知って自己否定する人生から卒業する方法!その③

「自分」とは何かを見直してみる

前回までの続き、いよいよ最終回です。

●前回までの記事はこちら
悪魔ささやきにもう負けない!リバウンドしないモチベーションの上げ方を知って自己否定する人生から卒業する方法 その①
悪魔のささやきにもう負けない!リバウンドしないモチベーションの上げ方を知って自己否定する人生から卒業する方法!その②

存在は寿命があります。つまり、“存在できる”ための「条件」が壊れれば、存在は脆くも崩れる虚構、錯覚、幻だという話を前回しました。そうなのに「存在がずっと固定してあり続ける」かのように錯覚しているのが、わたしたち人間です。

肉体も脆くて壊れるものだから、あなた自身が「肉体=自分」という当たり前を手放さない限り、自己信頼は永遠に得られないんですね。

A子さん

身体が自分じゃないの?
いったいどういうこと?
私、どうなっちゃうの?

いきなり「身体が自分じゃない」といわれたら、戸惑うのは当然です。

でもこれ、裏を返せば、本当の自分が別にあるということになります。
「身体の自分が虚構」だとしたら、これまでは気づかなかったけど、「ホンモノの自分」があるはず。

「自分探し」とはよく言いますが、実はみんなコレを探していたんですね。
そして、そのホンモノの自分に出会ったときに、絶対に揺るがない自己信頼へと繋がります。

ホンモノの自分の正体とは?

ホンモノの自分の正体。それは、人類がいまだに誰も使ったことがない「真の女性性」

言い換えれば、物質やエネルギーなどのすべての源の「心の動き」そのものです。
自他が存在しない、時間も、空間も、存在も、エネルギーもない、それらを生み出す根源の動きです。

これだけは「守る」という絶対ルールを持とう

全ての源の心の動き、真の女性性が、本来のあなたの姿です。
その自分と出会ったときに、「自らが理由で、自らが存在している」という自由自在のあなたになります。

すべてを生み出す源そのものになったら、どんな自分になれそうですか?
あなたは「どんな自分」になりたいですか?

心のゆとりが半端ない。
そして、主体性や能動性が自然と生まれて、「これだけは絶対に守る、やり切る」という自分自身の絶対ルールを設けます。

真の女性性そのものになっただけでも、自己信頼は生まれますが、さらに、自分で設けた自分のルールを習慣化したときには、自分自身への信頼、尊重、愛情が一段とアップします。

リバウンドしないモチベーションの上げ方を知って、自己否定する人生から卒業する方法をまとめましょう。

  • 正しい絶望をすること
  • 究極の希望に出会うこと
  • 絶対ルールを持つこと

このステップを踏んで、無限ループのワナから脱出しましょう!

正しい絶望に出会うおススメプログラム
真の女性性を開花するおススメプログラム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる