awaleyのホームページはコチラ
目次

2021年10月11日。誰も使ったことがない「真の女性性」が花開く🌸

みなさん、2021年10月11日は何の日かご存じでしょうか?

「女の子の権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を広く国際社会に呼びかける国際ガールズデー、日本でもスタートしたデジタル庁によるデジタルの日、ほかにもウインクの日、なんてのもあるみたいです。

いろんな記念日がありますが、注目すべきはこちら!2021年10月11日11時、いよいよ富士山が噴火する!?の記事でも書いた通り、「真の女性性の大噴火=真の女性性の開花」というトンデモナイことが起こる日です。つまり、女性蔑視や女性差別の根っこを根絶する「パンドラの箱」が開かれる歴史的な記念日なのです|゚Д゚)))

女性たちのこれまでの涙は解放され、そして男性たちも安心と癒しに包まれます。
男性性だけで突っ走ってきた、辛い・苦しい・悲しい涙の歴史はサヨウナラ。
男性性と真の女性性が一対となって、人類は次なるステージへと羽ばたくのです。

この一大事件を記念したイベントが2日後に開かれます。どちらも誰でも参加OK!もちろん無料!

ひとつは、2021年10月11日11時の富士山の写真のコンテスト📷

Dignity2.0国際カンファレンス2021
2021年10月11日AM11時富士山の写真募集|女性性を開花させる歴史的タイミングを祝おう 今、コロナパンデミックの中で500万人以上の方が亡くなり、世界中が不安な心で溢れています。第三次世界大戦以上の出来ことが起きているといっても過言ではありません。 ...

もうひとつは、女性性を開花させる歴史的タイミングを祝おう!パンドラの箱を開けちゃうカウントダウン♡

Dignity2.0国際カンファレンス2021
【後夜祭】Dignity2.0国際カンファレンス後夜祭&パンドラの箱ラストピース・カウントダウン 今、コロナパンデミックの中で500万人以上の方が亡くなり、世界中が不安な心で溢れています。第三次世界大戦以上の出来ことが起きているといっても過言ではありません。 ...

何ごともタイミングが大事ですからね。せっかくいま、この時代に生きていて、この情報に出会っている皆さんは、このイベントに参加するか・しないかという選択肢が生まれたところ。チャンスをものにするか・しないかはアナタ次第です♪

でですね。こんな記念日のことを考えていたら、これまでの女性の歩みとその涙をしみじみと感じまして…。
そこで、その涙を感じる映画をいくつか思い出したので、そのシェアをしたいと思います。(完全に趣味の世界です)

人種差別&女性差別…実力と実行力で勝ち抜く3人の黒人女性:ドリーム

原題: Hidden Figuresは、2016年に公開された伝記映画。ときは1960年代のアメリカ。米ソで宇宙開発を競うなか、NASAで働く黒人女性3人の実話がベース。

驚いたのは、戦後15年が経とうとしているのに、肌の色や性別の差別はあまりに理不尽で酷いということ。差別の根深さや、男性のジェラシーなどがよく描かれています。そんななかで差別に屈せず、実力で認められていく3人の姿に、勇気と感動を覚えるはず。あれだけ能力があっても、認めてもらうのは並大抵のことじゃないのね…。女性のポジションを勝ち取り、道を切り拓いてくれた先輩方に、どれだけ感謝をしても足りませんね。

女性は男性の所有物の時代、自ら「娼婦」となって自由に生きる:Dengerous Beauty

1999年公開。前に観た時の邦題は「娼婦ベロニカ」だったけど、アマゾンプライムでは原題「Dangerous Beauty」と同じタイトルになっててビックリ。これも実話がベース。16世紀のヴェネツィア共和国が舞台。「女性は男性の所有物」の時代だと、映画の冒頭で述べている。そんななかで、美貌と知性を持つ実在の高級娼婦、ヴェロニカ・フランコの半生と恋の行方を描いている。

あの時代に「妻となって従順に生きるより、娼婦となって自由を選ぶ」という選択は相当なもの…。いつの時代も「時代の異端児」のような人がいたんだろうな…。

信仰を曲げるくらいなら命を捨てる。神の声に聞き従った聖女:ジャンヌ・ダーク

1948年公開された映画「ジャンヌダルク」。英仏の百年戦争に突如として現れた19歳の乙女の実話ですね。19歳には見えないけどイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman) はさすがの美貌…。(話に関係なくてすみません💦)

最近、世界史が楽しくてアレコレと観たり読んだりしているわたし。そんななかで、ジャンヌダルクのことが知りたくなり、映画を探してみたらアマゾンプライムにあったので視聴。いや…凄い少女がいたものです。神の声(啓示)を13歳ころから受けていたジャンヌは、戦地へ赴いたこともまったくない田舎娘。でも神の声に聞き従い、教会や周囲を説得して戦地(オルレアン)へ向かい、劣勢だったフランスを勝利へ導きます。でも、王や教会よりも人気がでた彼女をイギリスへ売り渡し、魔女裁判にかけられてしまいます。火刑に恐れるあまりにいったんは「罪」を認めてしまうジャンヌですが、心を改めて神の御心に従うことを改めて決意。結果、火刑となる。

自らの哲学を貫いた古代の女性天文学者・ヒュパティア:アレクサンドリア

2009年公開のスペインの映画。キリスト教が定着し、異教の排斥が行なわれ始めた4世紀のエジプト・アレクサンドリア。そこに実在した天文学者ヒュパティアの物語。天動説に疑問を抱き、地動説を模索する姿は感動でしたね。
でもやはり、「女性」であることがネックになるのですね…。宗教紛争が起こるなかで改宗を拒むヒュパティア。改宗を拒んだことで異教徒となりますが、何より女性として教壇にたって生徒を持つことを糾弾され、魔女とみなされるように…。だが、彼女は信念を曲げずに、自らの研究に没頭するのでした。

ラストは、苦しくてみていられなくなりました。ネタバレしちゃうので、なぜ苦しくなったのかは書けません…。

一ミリの妥協も許さない。逆境をも味方に変えてしまう:ビリーブ

2018年の伝記映画。原題は「On the Basis of Sex」。こちらは1970年代のアメリカです。私が生まれた頃ですね。映画「ドリーム」は黒人女性だったけど、こちらは白人女性の差別。これもなかなかのジェンダーギャップで驚きを隠せません。

ハーバード大学の法科大学院の1回生になったルース・ベイダー・ギンズバーグ。でもパートナーの看病や娘の世話など重なり、もろもろあってコロンビア大学へ。そして首席で卒業したのに、どこの法律事務所も雇ってくれない。それでやむなく学術の道へ進むが…。

とまあ、観ていただけると分かりますが、彼女の努力は尋常じゃない…。結果的に、その名を世界に轟かせることになるが、彼女の信念と行動を支えたのがパートナー。あんな男性、あの時代には本当に珍しいのではないかな。でも、彼がいなかったら、彼女の志もどこかで絶っていたかもしれないと思うほどのパートナーでした。

もし、未来人がタイムマシンで今の時代にきたら?

いかがでしたか?ぜひお時間があるときにでも観てみてください。
今の時代、女性を魔女狩りすることもないし、家畜や所有物のように扱われることも、表立ってはありません。でも、それらが「当たり前」の時代もあって、その時代から今をみたら、とうてい信じられないでしょう。

では未来人から今をみたらどうか?
きっと「え?身体だけが“自分”だと思っていたの?」「真の女性性の価値を何もわかっていなかったんだね」などと驚かれ、「なぜそんな観方をしていたんだろうね」と研究対象になるかもしれません。

いま、わたしたちが「当たり前」だと思っている人間観、女性観などは、近い未来にはとても古臭いものになるでしょうね。
なぜなら、すでのパンドラの箱が開かれるのだから…。

余談ですが、これまでの700万年の人類の涙の歴史は、今のわたしたちからみると「永かった」と思うかもしれない。でも未来からみたら一瞬の出来事なのかもしれないな…なんてフト思います。

脳(男性性)の時代から心(真の女性性)の時代にSHiFTさせる
6つのジャンルから核心的挑戦と、文明大転換の歴史がここからはじまる
Dignity2.0 International Conference 2021
2021年10月9日~11日 3Days開催

https://www.dignity2.org/2021/

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる