awaleyのホームページはコチラ
目次

富士山はいつ噴火するのだろう?・・・それは、3日後です!

ドキッとするタイトルでごめんなさい💦(炎上狙いではありません)

それでなくても、ココ近年「いつ噴火するのか」「そのとき、被害はどれくらい及ぶのか」など、何かと話題にあがる富士山の噴火。ノストラダムスの大予言のような予測や予言もたびたび起こりますからね、紛らわしいですよね。

でも。静岡県にあるお山の富士山の噴火…ではないのですが、それに匹敵する、いやそれ以上の大大大ショック!!!!!が、2021年10月11日の11時に起こるのです。それを皆さんにお知らせしたいワケです。

えー、いったいどういうこと???
こわいー!!!!!
逃げる準備が必要なの?!

ですよねー。でも違います。コワイ系の大ショックじゃなくて、ワクワク大ショック♡むしろ全世界でパーティをしちゃってもいいくらい泣いて喜ぶ大ショック♡だから、どんなにショックを受けても大丈夫♡「驚きすぎて死んだ」なんてことはないのでご安心を。(ちなみに、憤死(憤慨のあまりに死ぬ)というものはあるらしい…)

というか。この大ショックが起こらないほうが、ホラー映画よりも恐ろしい未来が待ち受けます。

罪深き「〇〇」たち

キリスト教における人類の祖と言えばアダムとイブ。
ギリシア神話における最初の女性はパンドラ。

アダムとイブは有名ですよね。エデンの園にあるどの実を食べてもいいけど「善悪を知る木」の実だけは食べるなと神は言った。なのにイブはヘビにそそのかされるがままに食べてしまい、アダムにもその実を分け与えて食べたことから、人類は堕落。エデンの園から追放されて苦労した…という話。

ところで皆さん、そもそも「イブの誕生背景」はご存じですか?
日本人はキリスト教に馴染みがあまりないので、ご存じない方も多いと思うのでご紹介しますね。

創世記(2章、21~23節)によると、

21 そこで主しゅなる神かみは人ひとを深ふかく眠ねむらせ、眠ねむった時ときに、そのあばら骨ぼねの一つを取とって、その所ところを肉にくでふさがれた。
22 主しゅなる神かみは人ひとから取とったあばら骨ぼねでひとりの女おんなを造つくり、人ひとのところへ連つれてこられた。
23 そのとき、人ひとは言いった。「これこそ、ついにわたしの骨ほねの骨ほね、わたしの肉にくの肉にく。男おとこから取とったものだから、これを女おんなと名なづけよう

ということで、「アダムのあばら骨からつくられたのがイブ」なんですね。
男性のあばら骨からつくられたのが女性って、聖書における女性の出発にザンネンな気持ちになるのはわたしだけでしょうか…。

じゃあ次は、パンドラはどんな人物なのかもみてみましょう。
天界から火を盗んで人類に与えたプロメテウス。彼に怒ったゼウスは、人類に災いをもたらすために「女性」というものを作るようにヘファイストスに命令しました。それでつくられた女性が「パンドラ」です。プロメテウスは、弟のエピメテウスに「ゼウスからの贈り物は受けるな」と言ったのですが、ゼウスからパンドラを贈られたエピメテウスは、彼女の美しさに虜になり、プロメテウスからの言葉を忘れてパンドラを妻に迎えます。ゼウスは「災いの詰った箱」をパンドラに持たせて地上に送り、パンドラにはその箱を「開けるな」と禁じていました。ですがパンドラは好奇心に駆られて開けてしまいます。その途端、災いが四方八方にまき散らされました。パンドラは慌てて蓋を閉じたのですが、その箱には「希望」だけが残ったと言われています。

パンドラさん、開けたときは慌てたでしょうね~💦

みなさん、この2つの話をどう思いますか?

古代より続く男性中心の考え方。これは、イブの堕落災いをもたらすパンドラといったキリスト教やギリシア神話から受け継がれてきたもの…とみることができると思いませんか?女性は男性を誘惑したり、何かと災いをもたらすだから、賢くなっては困る、という見方から歴史がスタートしている。なので「女性蔑視」や「女性差別」は当然の流れなのです…。罪深きは女性なり、ということですね…(´;ω;`)

閉じられたパンドラの箱の底に残ったものの正体とは…!?

そんなこと言われても、わたしたちのせいじゃないわよ!

そうそう、そうですよね。女性の皆さんが怒りたくなる気持ち、よーくわかります。
だから、変な汚名を挽回…というか、撤回してもらわないと困りますよね。

これは、女性が悪いということではなく、そもそも人間が「男性性」しか使ってこなかった、というところに問題が潜んでいるのです。女性も、男性も、誰一人例外なく「男性性のみ」使ってきた700万年間の歴史。ココ、重要です。ちなみに、男性性しか使ってこなかったなかでの尊厳(ディグニティ)がDignity1.0です。

ということで。パンドラさんが閉じてしまった箱の底に残されたものが、カギを握ります。
災いが飛び出して慌てて箱を閉じてしまったけど、これを取り出して使うとき。

箱の底の残されたもの、それが今まで誰一人として使ってこなかった「真の女性性」
この真の女性性も使うのが、Dignity2.0というわけです。

ゼウスは災いを詰めた箱…を送ったのではなく、今までの災いや絶望を希望に大反転させて、二度と絶望できないようにさせる「本物の希望」も入れていた。それがゼウスからのプレゼントだったのです。

ただの神話ではなくて、この話は「宇宙のロゴス」ともピッタリなんですよー。
どうして??と思いますよね。ここのところは、ぜひ21世紀の悟り人・Noh Jesuさんから聞いてください♪

真の女性性が大噴火する!

ということで。富士山の大噴火が起こる、と言ったのは「真の女性性の大噴火=真の女性性の開花」のことでした。
目には見えない噴火だけど、スピリチュアル的にみれば、富士山が大噴火します。

男性性=脳、真の女性性=心(普段イメージする“心”とはまったく異なる全ての源、心の動き)だとしたときに、わたしたちは、心(真の女性性)を裏切って、脳だけに依存して生きてきました。

これではまるで、片方の翼をもがれた鳥のようなもの。どんなに飛べる能力があっても、片方の翼が無ければ飛べない。男性性だけでどんなに頑張って飛ぼうとしても飛べない。両方の翼があって、初めて自由の飛び回ることができるから…。

ところで、なんでスピリチュアル的な富士山の噴火が真の女性性の大爆発なの??とギモンにもったアナタ。
そこ、とても重要です。実はパンドラの箱の底に残ったものは「日本の涙」でもあるのです。ここもぜひ、Nohさんに聞いてください。日本の涙、真の女性性、絶望から希望に大反転させること、などなどスッキリキレイにつながったときに、あなた自身も大爆発します♡

歴史的なターニングポイントを記念におさめよう!

パンドラの箱を開け、希望を世界にプレゼントしていく日本。
その日本文明の爆発は、2021年10月11時11時、スピリチュアル的な富士山の大爆発がスタートです!

ディグニティ2.0国際カンファレンスの合間ではありますが、急遽2つのイベントが決定したそうですのでご案内しますね。

①AMの部:2021年10月11日AM11時の富士山の写真コンテスト

富士山の写真募集

なかなか日程が近いですが(笑)、富士山の写真を募集してます!
日が近いとはいえ、歴史的な瞬間です!ご自身の応募はもちろん、富士山の近くにお住まいの方などいらしたら教えてあげてください。あなたの写真が歴史的1枚となるかもしれません(^_-)-☆

②PMの部:Dignity2.0国際カンファレンス後夜祭&パンドラの箱ラストピース・カウントダウン

パンドラの箱を開ける、女性性を開花させるカウントダウンパーティ♡(勝手に“パーティ”と呼ばせてもらいます(笑))

どなたでも参加OK!
国内外のお友だちやお知り合いにお声がけください。SNSなどで拡散も大歓迎!
記念撮影もあるみたいなので、オメカシしてみんなでお祝いしましょう~♡

女性性開花、カウントダウン

▶️日時
2021/10/11(月)22:20〜23:10
(22:10-開場)

▶️参加費
・無料

▶️参加方法
・zoom
<参加はこちら>
https://us02web.zoom.us/j/89657862940?pwd=QU9Id0pnaVZRUmtSM0paSVhuN29aZz09

ミーティングID: 896 5786 2940

・Facebookライブ配信
<参加はこちら>
https://www.facebook.com/noh.jesu

▶️参加にあたって
記念すべき瞬間を歴史に残すために記念撮影を行います♪
お持ちのパーティグッズ🥳⭐️明るい色の服や、指定のzoomバーチャル背景など、可能な限り一緒に盛り上げていただけたら嬉しいです😆♪

・明るい照明💡にする
・明るい色の服を着る
・明るい色のサムネイルにする
・パーティーグッズ🎁で仮装する 等

主催:Project J -日本文明の挑戦-
共同主催:Dignity2.0国際カンファレンス実行委員会、令和哲学カフェ、Genimum Project

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる